April 27, 2017

クロスワイヤー水着とは?あなたにぴったりの水着トップの見つけ方!


img0427_01

 
 

☆クロスワイヤー水着とは

 

昨年から注目のデザイン、クロスワイヤー水着をご存知でしょうか。
クロスワイヤー水着とは、トップス部分が正面から見たときに”X”のような形になっているデザインの水着です。

 

胸をカバーするカップ部分の布が胸の谷間に向けて長くなっており、
その布を前で交差させて背中に向かって巻き付けるようなデザインです。

 

背中のホックが2つある場合が多く、アクセントが利いていますし、
クロスさせた布地はリボン状に結べるものもありキュートです。

 

その形状から、バストにはボリュームを出しやすく、
ウエスト部分はクロスワイヤーによる引き締め効果があるので、
体形にコンプレックスのある方でも挑戦しやすい水着でしょう。

 

一般的なビキニよりもセクシーな印象を与えてくれるかもしれません。
クロスワイヤー水着はトップスに特徴がありますので、
ショーツはシンプルなものでも相性は抜群です。

 

比較的小さめに作られているショーツだとセクシーさはアップするでしょう!
あるいは、ショートパンツやパレオと組み合わせて着こなしても素敵ですね。

 

フロント部分だけでなく背中にも特徴のある水着なので、
クロスワイヤー水着の上からオーバーオールを着てバック部分を演出してもかわいいですし、
背中の大きく空いたシャツと組み合わせてファッションを楽しんでも良いでしょう。


img0427_02

 
 

☆クロスワイヤー水着はスタイルがよく見える?

 

クロスワイヤー水着は左右のバストから斜め下にかけてクロスしているデザインが特徴ですが、
クロスさせた布地は背中部分でしっかりと結ぶことができ、これだけでも背中をすっきり見せてくれる効果があります。

 

また、アンダーバスト部分を絞めることで、バストアップ効果も期待できますし、
バスト部分をクロスさせた布地によって、素肌が見えるおへそ周りはすっきりと細く見えます。
 

よりウエストをほっそりと見せたい場合には、
クロス部分の布の幅が広いものがおすすめです。
さらに、カップ部分の下、クロスする布との間に、
肌が少し見えるように布を体に巻き付けると、効果的でしょう。

 

水着のトップに目線がいきますから、それによって全体的に足が長く見える効果も同時に期待できます。
黒やカーキなどのアースカラーの色を選ぶと、白やパステルカラーの水着と比較して、
引き締め効果はより高くなるでしょう。

 

ビキニタイプの水着の中でも印象的なデザインですから、
かわいくてセクシーな水着として周囲から注目を集め、目立つことが多いとは思いますが、
スタイルをよく見せてくれるこの水着であれば自信をもって、海やプール、イベントに参加できるのではないでしょうか。

 
 


img0427_03

 

☆クロスワイヤー水着の活用シーン!クラブやフェスでも大活躍

 

クロスワイヤー水着はビーチやプールなどで大活躍ですが、普段のおしゃれとしても活用できます。

 

例えば肌を出すファッションシーンとして夏場のクラブやフェスが挙げられますが、
その際にクロスワイヤー水着を着用すればセクシーなカッコよさやキュートさを演出できます。
 

しっかりと胸をカバーしてくれるデザインで、ズレも起きにくいため、踊って騒いでも安心でしょう。

 

クロスワイヤー水着だけでクラブやフェスに参加するのはちょっと…という方でも、
バックスタイルにも特徴があるクロスワイヤー水着なので、
背中が見える後ろVネックの洋服をチョイスしても良いのではないでしょうか。

 

タイトニットドレスでも素敵でしょうし、
裾がAラインになっているキャミソールを着てもカジュアルさの中にセクシーさを演出することができます。

 

あるいは、シャツやパーカーなどを羽織っても、クロス部分が見えて、おしゃれですね。

 

クロスワイヤー水着は昨年から注目が集まっているタイプの水着ですから、
まだまだたくさんの人が取り入れているものではありません!
「人とはちょっと差をつけたい」という貴女にはおすすめの水着です。

 
 


img0427_04

 

>>>上下別売りでカラーバリエーション豊富なクロスワイヤー水着はこちら

 
 

メニューを閉じる

blog_top

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

northerly_slider_bn02

staff_blog_d

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
メニューを閉じる