April 20, 2017

安定感バッチリのワイヤー水着!どんな人におすすめ?


img0422_01

 

 

暑くなってくるとやはり露出も多くなるので体型が気になりだす季節ですよね。

 

夏のレジャーといえば海水浴やプールですが、スタイルを良く見せたいのであれば水着の選び方は重要です。

 

ここではワイヤーの入った水着と入っていない水着の違いやそれぞれの特徴から、

 

どのような人におすすめできるのかを見ていくことにしましょう。

 

 


img0422_02

 
 

☆ワイヤー水着とワイヤーなし水着はどう違う?

女性が日常で身に着けるブラジャーの主流はワイヤーが入ったものです。
ワイヤーはバストのアンダー部分に入っていて、胸の形に添って湾曲しています。

 

これによって、胸の形を整えてキレイに見せたり、ブラジャーのずれを軽減するなどの機能を持っています。
一方、ノンワイヤーのブラジャーはワイヤーが入っていないので、身に着けた際に圧迫感が少なく、優しいつけ心地が特徴です。

 

最近ではノンワイヤーのブラジャーも非常に高い人気がありますが、加齢に伴う胸の形の変化に対しては、
就寝中や休日以外の日にはワイヤー入りのブラジャーを選択していただいた方が垂れや変形が軽減されるのでは
という考えの方も少なくありません。

 

そんな下着と同じように、水着にもワイヤーが入っているものと、そうでないものがあります。

 

ワイヤーが入っている水着の特徴としても下着と同じような機能が挙げられますが、
とくに水着の場合は下着のように洋服の下に着るわけではありませんから、
形を整えて胸を綺麗に見せてくれる点が大きな魅力でしょう。胸を寄せて谷間を演出したい方にもおすすめですね。

 
 


img0422_03

 
 

☆ボリュームのある胸もしっかり支える!

 

ワイヤーなしの水着を体にしかりと沿わせて身に着けるのも素敵ですが、上記のような理由から、
ワイヤー水着は胸の小さな方にも大きい方にとっても、胸を綺麗に見せてくれることができるという嬉しい効果があります。

 

また、その他には胸の下と左右からバストを強力に支えてくれるため、
しっかりと固定し安定させてくれるとういうのも特徴です。

 

とくに、海やプールで泳いだりアクティビティを楽しんだり、ビーチバレーや砂遊びをしたいという活発に動きたい場合は、
思う存分大はしゃぎできるのではないでしょうか。

 

胸の大きな方の場合はとくに、水着がずれてしまわないかなど気にされる方も多くいらっしゃいますが、
ワイヤー水着であれば、ずれも軽減し、しっかりとしたホールド力で胸をカバーしてくれるでしょう。

 

さらに安定感を求める方は、リボンや紐で結ぶタイプものではなく、
ボタンやホックなどで固定されるものを選ぶとより安心感が強くなります。

 
 


img0422_04

 

☆ワイヤー入りのいろいろなスタイル

 

ワイヤー水着はさまざまなデザインのものが販売されています。
女性らしさと華やかさを演出してくれるフリルが付いた水着はワイヤー水着の代表的なデザインです。

 

フェミニンな印象があって女性らしいやわらかさを感じることができます。
また、ワイヤーがないイメージの強いバンドゥビキニにもワイヤー入りのものがあります。

 

バンドゥビキニは最近若い女性の間で流行している水着ですので、
トレンドを押さえつつ機能性も追及するという意味ではおすすめの水着になります。

 

このほかにも、一見するとワイヤー水着には見えないようなデザインの水着も多数販売されているので、
こっそりと胸を綺麗にボリューミーに演出してくれるのではないでしょうか。

 

このように、ワイヤー水着といってもそのデザインは非常に多くあります。
露出が多くシンプルで他の人と差が付きにくい水着のデザインも、
このような豊富なスタイルを組み合わせれば自分だけのオリジナリティ溢れるファッションをすることができます。

 

毎年ありきたりな水着ファッションになってしまうという方は是非ここで紹介した内容を参考に、
今年の新しい水着を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 
 

人気急上昇のワイヤー水着を見る♪

 
 

メニューを閉じる

blog_top

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

northerly_slider_bn02

staff_blog_d

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
メニューを閉じる